田中芳樹

PROFILE・経歴

1964年東京生まれ。
成城学園中学・高等学校から多摩美術大学立体デザイン科プロダクト専攻へ。
在学中から新しいアートの領域として、コンピューター、環境音楽などを意識する。
その後、ゲームプログラマー、景観設計などの仕事を経て、CGと音空間デザインを手がけるようになる。
1989年、株式会社キャラクターハウス・グレードワンと契約、CG作品のカタログ販売を開始。
1993年よりCG制作に専念。
1999年、「田中芳樹のホームページ」開設。
2001年、同サイトにてクルマの試乗記「気まぐれコラム」を執筆開始。
2004年、デジタルアーカイブジャパン株式会社(現アマナイメージズ)と契約、CG作品4200点余りを同社サイトにて公開・販売開始。
2005年、ブログ「ヨシキ・ログ」開設、クルマにまつわるコラム「傍観車」を連日執筆。
2006年、株式会社アフロと契約。
2007年、最新のデジタル絵画作品とアートCG作品を同社サイトにて公開・販売開始。
2017年現在、アフロでのデジタル絵画・アートCG掲載数は7448点に上る。

今後は、絵画・デザイン・写真などの垣根を越えた全く新しいアート表現である「デジタル絵画」の更なる追求に邁進していくつもり。

趣味はクルマ、機械式時計、メガネ、フレグランスなど。




音空間デザインの主な仕事

EXPO90花と緑の博覧会郵便局"Twinkle Post"のサウンドデザイン。
新日鐵スペースワールドの館内BGM。
アストロパークくらしき、T-PORT館内環境音楽など。


デジタル絵画、アートCGの主な仕事

1991年、JR全国ダイヤ改正時の一連のグラフィックス。
平成11年度版高等学校美術科教科書「美術2」(光村図書)に作品「秩序」掲載。
2004〜2005年、iモード公式サイト「CARモードi」カーイラストギャラリー連載。
2005年、(株)北芝建設施工のビル(J.K.プランドール)・エントランスに作品設置。
2008年、INFOCUS AWARD 2008に、作品「祈り-0808」を招待出品。
2014年、「國米弘子・田中芳樹 −親子展−」積雲画廊(原宿)
2015年、アートフェア「Affordable Art Fair」(ロンドン)に、作品「視」を出品。

その他、各種書籍、雑誌、公官庁刊行物などの表紙、各種企業の広告、ポスター、パッケージデザインなど。(ストックフォトから)

作品カタログ
「SUPER COMPUTER GRAPHICS 1〜4」
「bitool」
 ・・・・株式会社キャラクターハウス・グレードワン

作品CD-ROM
「da-322 METALLIC OBJECTS」」
 ・・・・デジタルアーカイブジャパン株式会社(現アマナイメージズ)